掛かり付けのその医院の受付の人は、よくころころ変わっているような気がします

経験談集−医療系の就職活動−

医療事務で思うこと

私は鼻炎持ちでよく耳鼻科に通うのですが、掛かり付けのその医院の受付の人は、よくころころ変わっているような気がします。しかも、丁度バイトを探していた時に様々な求人広告やインターネットでの求人サイトを見て回ったのですが、長期間にわたった医療事務の求人も多く載っており、現在の医療に関係する仕事に従事する人がなかなか見つからないようでした。人が少ないからといって、資格がない人に任せるのは問題であるので、実際に診断したり治療したりするわけではないですが、医療事務に携わる人にもやはりちゃんとした知識を持った人を採用するべきであると思います。また、私の体験談であるのですが、10数年前から年に1回ほど大きな大学病院に通っていましたが、毎回料金の支払いのためだけに何時間も待たされることがしばしばありました。けれども数年前から混雑緩和のために事務を済ませるための機械が導入されており、待ち時間も大幅に減りました。医療に関する人が少なくなっている現在、機械に頼るのも一つの手段かもしれません。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加