最近、知人に付き合って動物病院を利用したことがあります

経験談集−医療系の就職活動−

動物病院に初めて行きました

最近、知人に付き合って動物病院を利用したことがあります。
いま、自分ではペットを飼っていないということもあり、動物病院とは縁のない生活が続いていましたが、恐らくは十数年ぶりに利用した動物病院は、これまで持っていた、いわゆる「獣医さん」というイメージを覆すものでした。
そこの動物病院が、たまたま新しい経営理念に基づいて運営されていただけなのかも知れませんが、「病院」というより、「動物のショップ、ホテル」といった印象を受ける病院でした。
エントランスや受付は柔らかい光ながらも明るい照明になっており、外を歩いている人たちからも、ある程度様子が分かるつくりになっていて、初めて利用する人でも入って行きやすい雰囲気になっています。
受付の方も丁寧な対応で、やはり医療機関というより、ショップの店員さんといった印象も受けます。
病院に対して使う言葉ではないかも知れませんが、これはリピーターがつきそうだな、と思ったものです。
もちろん動物病院にとって、最も重要なのはその治療技術などにおける信頼性であることは言うまでもありません。
でも、これからの動物病院には、それプラス経営センスのようなものも、重要になってくるのではないか、と感じた体験でした。
また、これは見方を変えると、こういった動物病院を利用した青少年が、獣医や動物病院での仕事に興味や憧れを抱き、その道を志すきっかけにもなり得るということではないかと思います。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加